10歳の姪が部分入れ歯を入れてると聞いて驚いた

皆さんは、入れ歯を入れている人と言われると、どんな人を想像しますか?大抵の人が老人や、年配の人を想像する事でしょう。



でも、入れ歯を入れるのは何もその様な年代の人達だけではないのです。20代で入れ歯を入れる人も居れば、何と、10歳以下で入れ歯が必要な人も居るんですね。先日も友人の姪っ子さんが10歳で入れ歯を入れていると聞き、友人はひどく驚いていました。

【日焼けによるシミ・ソバカスのケア】ホワイトニングシリーズ特集|100%オイルカットのスキンケア化粧品ならオルビス|ORBIS

でも、10歳で入れ歯?まだ、永久歯も生え揃ってないのに入れ歯が必要なの?と疑問に思う方もいますよね。そうなんです、一般的に永久歯が生え揃うのは10歳から12歳頃、ただし、生え揃うのが12歳で、早い歯では4歳から8歳の間には生えてくる永久歯も有るのです。その歯がもし4歳の時に生えてきたのであれば、今現在の10歳になるまで6年間もの時間が経った事になりますね。その6年間に歯磨きが不十分であればどうなるでしょうか、勿論虫歯になり、その虫歯も放置してしまえば抜歯するしか道が無くなる事も有りますね。

歯ブラシ・デンタルフロス総合情報 −@cosme(アットコスメ)−

友人の姪っ子もそのケースだったそうです。でも、小学生の間は学校で定期的に歯の検査が有りますね、この時に何故発覚しなかったのか、その姪っ子さんが隠してしまっていたそうなんですね、その為、親も発覚が遅れ、気付いた時には抜歯して入れ歯が必要な状態が出来上がってしまっていたという事なんです。